平成31年度 汚染負荷量賦課金申告納付説明会 開催
 去る4月11日(木)、当所にて平成31年度汚染負荷量賦課金申告納付説明会を開催し、八事業所が参加した。
 汚染負荷量賦課金の納付義務者とは、ばい煙発生施設等を設置又は過去に設置していた工場・事業場の中で一定の条件を満たし、昭和62年に納付義務者であると指定された事業所が対象となり、当所担当地域(山陽小野田市・美祢市・旧楠町)では22事業所が該当する。
 当日は、独立行政法人環境再生保全機構より、補償業務部業務課長 三島輝紀氏と補償業務部調査管理課 奥山和雄氏の2名より ◆公害健康被害補償制度の概要及び平成31年度賦課料率 ◆汚染負荷量賦課金の申告と納付 ◆申告書類の作成方法について、約2時間にわたり説明があった。